看護師の慢性疲労と復職

現在の医療業界の深刻な問題の一つに、看護師の慢性的な不足が挙げられます。地方の病院はもとより、都市部に於いても看護師不足は深刻であり、社会問題化していると言っても過言では有りません。最も大きな理由の一つは、看護師と言う職業が慢性疲労に陥りがちなことから戦線離脱する人材の増加があります。外来病棟の勤務はともかく、特に入院病棟勤務はシフト体制を取っており生活が不規則になります。しかも常に神経と体力を酷使して、慢性疲労の状態から抜け出すことは容易では有りません。休日も溜まった家事で使い果たしてしまうことが多く、ゆっくり疲れを取ることは難しい状況です。

大きな大学病院や総合病院では毎年新卒の看護師を大量に採用し、充実した研修制度を設けて優秀な看護師の育成に余念が有りません。専門看護師や認定看護師の資格を取ってキャリアアップを図る人材を輩出する一方で、看護師の慢性疲労に頭を痛めているのが現状です。

一度離職した看護師を復職させる方策も各病院で盛んに行なわれています。病気と闘いながら不安な毎日を送っている患者たちにとって、ベテラン看護師の豊富な経験と実績は大いに評価されることでしょう。そのための看護師の再研修に力を入れている医療機関もたくさん見受けられます。また、雇用形態もフルタイムではなくパートやアルバイトなど、応募者が働きやすい環境を選べるように整備され休日もきちんと取れるようになっている点も見逃せません。このように、看護師の慢性疲労は多くの社会的損失をもたらすことから、医療機関が一丸となって対策を立てています。